クライミングジム R&F

2015年10月1日 by 宮嶋悠

気温が低くなって関節が・・

こんにちは、スタッフの宮嶋です

 

もう10月ですねえ

気温が下がったせいで(朝夕とくに)古傷が痛み出しませんか?

個人的には膝が痛みます・・クライミングを初めて1年ごろ、レースアップのビギナーシューズを買い替えず使っていて、ルーフでフットピンチをしたときに足が滑り変な落ち方をして痛めた膝・・ 半月板が傷ついてると思うよ?と言われてます。

ちょっとでも寒くなると痛くなり、おばあちゃんみたいです。こんなんで老後はどうなってしまうのでしょう?

「若いときにこんなハードなことをして、老後タダで済むと思うなよ」と言われたのを思い出します。

接骨院で聞いたのは、「関節の老化による変形は指から始まるんですよ」という恐ろしい情報です。

 

ここからが本題です。

今回お伝えしたいのは、寒さは痛みの敵!ということです。

もっと言うと、冷えは痛みの敵です。R&Fオーナー久保さんは

血行が悪くなることが痛みの原因だ

とよく言います。

とくに女性は体が冷えやすい方が多いのではないでしょうか?

手首などもそうですが、冷えないように暖めることで、痛みにくくなったことがあります。

テーピングで可動域を固定することはできますが、締めることでかえって血行が悪くなるので少し痛む程度なら、リストバンドで代用することで血行の悪化を防ぐことができます。

関節の周辺の筋肉が収縮して緊張することで、関節が引っ張られ痛みが出ることはおなじみの情報になってますが、その点から考えても、冷えたままはよくないということになります。

こうして文章にすると、当然のことのようですが、「痛む=テーピング(固定)」と考えがちな人にとっては意外と盲点ですよね。

 

寝ているときなど手首など出ている部分をあっためることで、疲れも翌日に持ち越しにくくなりました(^O^)

寝るときはあまり強く締め付けるタイプだと寝苦しいので、靴下を切ったものを腕に付けて寝てますw前腕も暖めて寝ると固まりにくいです。

こんなの(手首用)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女性陣ぜひ試してみてくださいね。

 

あとは緊張して機能しにくくなっている筋肉を和らげるのも大事な方法のひとつです。

いろんなグッズがR&Fにも置いてあるので、ストレッチ目的でもぜひいらしてくださいね。オーナーに使い方や疑問などもおたずねください。毎月あるチバトレも忘れずに♪

 

これからの岩シーズン、ケガ無く行きましょう!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です