クライミングジム R&F

2015年2月16日 by 宮嶋悠

豊田のタコ・・

150204_131428

このタコに・・見覚えはありませんか?

そうです、豊田 巴川沿いの足助街道にある、たこ焼き屋さん。

ここの店主さんがこの界隈のボルダーの地主さんだったことにかなり驚きです。

「足助で登った?あれ、うちの岩なんだよ!」・・こんなセリフ言われたの初めてです笑

足助初段、いろんなムーブ・ホールドがあってとってもいい課題です。トライする際には持ち主の方にごあいさつしましょう笑

たこ焼きはとってもおいしかったです。

 

さて、別の日、ちょっと離れて公園裏。なんとなく外に行きたいっていう軽い気持ちの午後入りで

とくに野望もなくタスキを何回かで終わった後、前日のジムの疲れか全然使ってない左腕が終了。

アメチャンはあまりやる気がせず、移動も面倒なので周辺のa~cを触ることにしました。

やっぱり易しいんですが それでも外岩の課題は楽しく、グレードに関係なく触る価値があると改めて思いました。

とくに疲れてるときや体の状態はそれぞれなので、その時に合わせて壁や課題を触ることも大事かと。

最高グレードだけを常に追いかけるだけがクライミングじゃなく、1級以上じゃなくても名作と呼ばれる課題はありますし。

こんな気持ちも大事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です